MMDモデルのUV展開にはコツがいる

Posted on 20 12月, 2014  in 未分類

MMDモデル自体の作成だとUV展開と口の中の作成が死ぬほど嫌い。MMDモデルを作成する解説動画を見て夢しか膨らまない。禁書MMDモデルを探してるがやはりないから自分で作成を決意。もう日本号さんのMMDモデル作成はスタートしているのかな。MMDモデルを読み込んでモーション再生出来るソフトを作るのは比較的簡単。けど、モデルを作成出来るソフトを書くのは大変。画像ビューワは簡単に作れるけど、ペイントソフトを書くのは大変。と言えばちょっと分かりやすいかも。これで一回MMDモデルを作成してみる。メタセコイアっていう3D作成ソフト。点と線と面だけで作るんだけど、イラストを下書きにして形作ったり、イラストをそのままテクスチャとして使えるのですごく楽しい。ニコニコのMMDモデルとか作ってるやつだ。

MMDモデル作成側の人たちが続々と修正の準備始めてるけど、モデルの身長修正の手間ってどれくらいかかるんだろう。簡単じゃないよな。MMDモデル作成について調べてたけどコレかなり根気いる。作成されたMMDモデルの薙刀借りられるのかな。MMDモデル作成に挑んでみるも毎回眼球が綺麗にハマらなくて放り投げ。顔の造形とかキャラデザの段階からどうにかしないと。MMDモデルって、海藤モデルを1として作成後、公式身長で倍率掛け算して作ってるんですが、身長間違ってたりするのかな。細かいこと言えば海藤の身長を159センチとしている時と161センチとしている時がバラバラでだ。やろうやろう詐欺になりかけてたヒソカさんMMDモデル作成再開。経過を上げつつモチベも保とうかと。